『放課後』東野圭吾 - 書評・思うこと

『放課後』東野圭吾

『放課後』東野圭吾
校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将―犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…。乱歩賞受賞の青春推理。



書評

東野圭吾のデビュー作で江戸川乱歩賞受賞作である。
デビュー作にして完成度は高い。

女子高を舞台にした推理小説。 人物が非常によく書けている。
主人公の高校教師は、誰かに命を狙われいると思える出来事が続いていた。
そして、校内で密室殺人が起こる。
さらに運動会の仮装行列で第二の殺人が起こるのだが、これも主人公を狙ったとしか思えない殺人だった。

いったい犯人は誰か?犯人の動機は何なのか?
密室殺人の真相は?

続きが読みたくなってくる。

読んだ多くの人が感じているように犯人の動機がやや弱いように私も思う。
そんな時に、そんなことしたお前も悪いだろう。

結末は悲しい。夫婦っていったい何だろうと思った。

後味は決して良くはないが、東野圭吾らしい作品である。 

コメント
管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 書評・思うこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
QLOOKアクセス解析