ラスト・ラブ 映画評 - 書評・思うこと

ラスト・ラブ 映画評

以前から気になっていた、田村正和、14年ぶりのスクリーン復帰作品の 「ラスト・ラブ」を見てみた。
共演は伊東美咲。



ネットで見ると散々な評価だったが、実際に見てみるとこれはこれで楽しめた。
愛する人のために自分ができることをしたいという気持ちはやはり大切だと実感した。

2013.06.29|コメント(−)トラックバック(0)Edit
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 書評・思うこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
QLOOKアクセス解析